SAKURA seleft EHIME TOON

とうおん Floser Basket

古くから花き栽培が盛んな東温市。
東温市の生産者を訪ね、
栽培方法やその魅力をうかがいました。
生活の中に花がある、
豊かで美しい風景を切り取り
それぞれの魅力をお届けします。

花と対話し、顔色を見て
植物本来の力を引き出す

まるで桜のような可憐な色姿。ブルー系が一般的なデルフィニウムを品種改良し、愛媛県で生まれたのが「さくらひめ」です。2010年に就農した露口真人さんは、農業をする父の姿を見て自分でも花と野菜の栽培をやってみたいと、2015年より県内でもいち早く「さくらひめ」の栽培に取り組みました。「露口さんの花は枝ぶりもよく、持ちがいい」と、今や県内外に多くのファンをもっています。栽培をする上で大切にしていることは、植物本来の力を引き出してあげることだと言います。できる限り農薬使用を減らし、花持ちが良くなるようにミネラルたっぷりのニガリを与えています。「日照時間や湿度の管理など、気を使うこともありますが、基本的には毎日、顔色を見て手を抜かずに世話をすること。水をやっただけでも、美味しそうな表情をするんですよ」と、露口さん。収穫時期は一番花は12月末〜1月末、2番花は3月中旬〜4月、3番花は5〜6月頃。花言葉は「可憐な乙女」、「君に微笑む」、「希望」。